LOST

歯を失ってしまったら

歯を失った場合にはその機能を補う必要があります。
どんな状態になってしまったかで治療方法も異なります。
患者様にとって最適なものを選び、歯の機能の回復を目指します。
ご不明な点など、当院でご相談ください。

部分的に欠けた・穴があいた場合

インレー(つめもの)

インレーとは、小さな虫歯の場合に虫歯を削り取り、その部分に詰める人工の詰め物の事を言います。
使用できる素材にいくつか種類があり、金属製の銀のタイプや、セラミック製の歯の色に似せたタイプもございます。

  • メタルインレー(銀)
  • オールセラミック(e-max)

クラウン(かぶせもの)

比較的大きい虫歯や、歯の根っこ(神経)の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯です。
使用できる素材にいくつか種類があり、金属製の銀のタイプや、セラミック製の歯の色に似せたタイプもございます。

  • メタルクラウン(銀)
  • オールセラミック(e-max)

歯を失った場合

ブリッジ

歯を失った場合、欠損歯の両隣の歯が残っている際に用いられる治療法です。両隣の歯を削り土台を作り、それらを支えとしてブリッジを被せます。
複数の歯を繋げて新たに被せるため、症状により噛み合わせの改善を望める場合もございます。

クラウンやブリッジの治療の際、「仮歯」を作製します。
患者様の口の中の状態に合わせ作製する必要があるため、歯科医師がその場で作製します。
※仮歯は、被せものに比べ強度が劣ります。被せものが完成するまでの一時的な機能回復と土台の歯を守ることが目的となります。

多くの歯を失った場合

義歯(入れ歯)

いくつかの歯を失った際に、歯の代わりになる人工の歯を入れます。欠損歯が一部の場合は部分入れ歯、すべての場合には総入れ歯を使用します。

メタル併用ノンクラスプデンチャー

当院では入れ歯の強度と、審美性を確保するため、プラスチックと金属を併用したタイプを使用しております。
歯にかけるばねの部分は歯茎に似た色を使用するため、目立ちにくく、違和感が少ないです。

当院では、健康的な食事ができる状態が長持ちするように入れ歯の設計を心掛けています。
技工士と綿密な相談のもと、歯にやさしく違和感がなく、噛める入れ歯を作製。
密な連携をとっているため、作製期間がかかる場合がございます。また治療の可能性が広がるよう、保険診療内で補えない場合は自費治療でさらに追及しております。

ページトップへ