BLOG

ホーム 電話 アクセス Instagram
ブログ

よく噛める入れ歯ってどんな入れ歯?メリット・デメリットを徹底解説

「うまく噛めない」「すぐ外れる」「口に合わなくて痛い」といった入れ歯のお悩みがある方は多いのではないでしょうか。入れ歯の治療には保険と自費があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
今回は、一般的な入れ歯の種類に加え、より噛める入れ歯についてご紹介していきます。

 

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

他の治療と同様、入れ歯も保険と自費で作れるものが異なり、それぞれに特徴があります。

保険の入れ歯

○メリット
【1】治療費を抑えられる
入れ歯を作るための費用を健康保険の適用で抑えることができます。そのため、初めて入れ歯を作る方も安心です。
【2】修理がしやすい
保険診療の入れ歯は、作りがシンプルです。そのため、入れ歯が部分的に欠けてしまっても、補修がしやすいという特徴があります。

○デメリット
【1】装着時に違和感がある
プラスチック製の入れ歯はどうしても厚みが出てしまいます。そのため、入れ歯を装着した際に圧迫感や強い違和感を覚える場合があります。
【2】耐久性が低い
落下による衝撃で割れやすく、熱で変形しやすいです。毎日使うことで着色やすり減り、破損しやすい傾向もあります。
【3】熱伝導率が低い
厚みがあり金属と違い熱も伝わらないため、食事がおいしくないと感じることもあります。

自費の入れ歯

○メリット
【1】様々な素材から選べる
自費で作る入れ歯は、金属を使用したタイプやバネが見えないメタルフリーのタイプなど、ご自分に合った素材から選んで作製できます。
【2】自分に合う入れ歯が作れる
精密な型取りをおこない、お口に合う入れ歯をオーダーメイドで作製します。そのため、完成した入れ歯は機能性が高く、見た目にも自然な仕上がりになります。
【3】歯に優しい
精密な設計を行い、歯に負担がかかりずらくします。入れ歯はバネがかかる歯からダメになると感じる方も多いと思います。保険の義歯のように揺れる、しなるなどのデメリットを改善させ、長く使える入れ歯を目指しています。

 

○デメリット
【1】治療費が高い
自費のため、治療費が高額になる場合もあります。
【2】通院期間が長くなる
自費専門の技工所にて精密に作られるため、完成までに時間がかかる場合があります。

 

一般的な入れ歯の種類

レジン床義歯(保険)

レジン床義歯は、歯肉や顎に触れる部分がピンク色のレジンと呼ばれるプラスチックで出来た入れ歯です。入れ歯は薄いほうが、装着時の違和感が少なくなります。しかし、プラスチックで作られているため、強度を保つある程度の厚みが必要です。こちらは金属を使っていないため、金属アレルギーがある方でも安心して使えます。

金属床義歯(自費)

金属床義歯は、歯肉や顎に触れる部分が金属で作られた入れ歯です。金属を使っているため、薄く作っても強度が保てます。また、装着時の違和感が少なく、熱も伝わりやすいため、食事もおいしく感じられます。

ノンクラスプデンチャー(自費)

部分入れ歯には、金属のバネがついているため、見た目を気にされる方がいらっしゃいます。ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使わず、歯肉の色に似たレジンを使って、すべて一体化させた作りの入れ歯です。そのため、入れ歯と気付かれないほど自然な仕上がりです。さらに軽くて弾力があり、つけ心地の違和感も少ないのが特徴です。

 

より噛める入れ歯の種類

義歯+シリコン

シリコンを付けた入れ歯です。シリコンはやわらかく、弾力や吸着力のある素材です。今までの入れ歯で「痛い」「すぐに外れてしまう」「物をしっかり噛めない」というお悩みがあった方におすすめです。

○メリット
歯肉の痛みが軽減される
硬いものを噛むことができる
入れ歯が外れにくい

ノンクラスプデンチャー+金属

ノンクラスプデンチャーを金属で補強し、たわみを減らした入れ歯です。

○メリット
ノンクラスプデンチャーよりも安定して噛みやすい
違和感が少ない
熱伝導率が高く食事が美味しく感じる

 

まとめ

入れ歯にはそれぞれメリット・デメリットがあります。自分にはどのような入れ歯が合っているのか歯科医院で相談して、よく噛める入れ歯を作製しましょう。当院では、いつまでも健康的な食事ができるような入れ歯の設計を心掛けています。技工士と綿密な相談を重ねた上で、歯にやさしく違和感がない、よく噛める入れ歯を作製しています。また保険診療内で補えない場合は、自費治療でさらに良い入れ歯を追及しています。目指しているのは「りんごを丸かじりできるできるような入れ歯」です。

 

予約・お問い合わせ

0453910085

〒246-0022神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境14-6

9:30~12:30/14:30~19:00 ※土曜14:30~18:00
休診日:木・日・祝

ページトップへ