NEWS

ホーム 電話 アクセス Instagram
お知らせブログ

理想的な土台!iTFCファイーバーコアとは?

今回は神経の治療後に行う歯の土台についてご説明します。

根管治療(神経の治療)は歯を残す最終手段ですが、その次も基礎工事にあたる重要な治療です。

虫歯で大きく崩壊した歯や再治療した歯は、そのまま被せ物をすることができません。多くの場合、根管治療後にコアという歯の土台を入れます。

コアは金属で行うメタルコアと、レジンを使用するレジンコアがあります。ケースによっては、杭のように歯の根っこに心棒を立てないと歯がもたないものがあり、心棒としてファイバーを併用するケースがあります。この心棒の部分をポストと言います。

 

 

当院ではメタルコアの使用をなるべく避けています。一番の理由は、金属の硬さで歯が割れてしまうリスクがあるということです。現在、保険診療でもファイバーポストコアの使用が認められています。この材料のおかげで、メタルコアよりも歯の破折のリスクを軽減させることが可能です。

しかし、保険診療では1本の根管(根の神経が入っていたトンネル)に対して1本と決められており、理想的な使い方とは異なります。

理想的な使い方とは【ファイバーを外周に配置し、量を多く使用する】ということです。

このような使い方ができる材料が、今回ご紹介する iTFCファイーバーコアです。

レジンは弾力性がないので、レジンの欠点をファイバーで補います。レジンの中心にファイバーがあるだけだと十分ではありません。この【ファイバーを外周に配置し、量を多く使用する】という構造は電信柱にも応用されています。

 電信柱の断面図   iTFCファイーバーコア

この構造を再現できる【iTFCシステム】は今ある歯科医療の中で最高のやり方だと思います。自費診療にはなりますが、歯を長く持たせたい方は是非ご相談ください。

 

 

 

ページトップへ