BLOG

ホーム 電話 アクセス Instagram
ブログ

虫歯にはどんな種類がある?症状別の治療法やマイクロスコープについても解説

虫歯は進行段階によって種類がわけられ、症状もそれぞれ異なります。そこで今回は虫歯の種類や症状、治療方法について解説していきます。また、当院が用いるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による虫歯治療もご紹介します。

 

虫歯の種類について

虫歯にはCO、C1、C2、C3、C4と5つの種類に分かれます。それぞれの虫歯の種類について詳しく解説していきます。

 

COの虫歯

COは最も初期の虫歯です。歯に穴は開いていませんが、放置すればC1という次の段階に進行します。COは毎日の歯磨き、歯科医院でのフッ素塗布などにより進行を防げるため、早期発見・早期治療が重要です。

 

C1の虫歯

C1の状態では、歯の表面のエナメル質が虫歯の影響を受け、歯に小さな穴が開いています。痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、虫歯が気づかないうちに進行する恐れがあるのです。治療は1回で終わるケースが多く、虫歯部分を削り取った後に詰め物をします。

 

C2の虫歯

C2は虫歯がさらに悪化し、エナメル質の下の層、象牙質に進行しています。象牙質は歯の神経に近く、冷たいものや甘いものがしみるといった症状も出てきます。虫歯の大きさによっては1回で治療が終わらず、被せ物の治療が必要です。

 

C3の虫歯

C3は虫歯が歯の神経にまで進行している状態です。ズキズキとした激しい痛みを伴い、神経をとる根管治療が必要です。削って詰めるだけの治療では対応が難しく、通院回数や治療期間が長引く可能性があります。

 

C4の虫歯

最も深刻な状態がC4です。根の部分にまで虫歯が進行し、多くの場合で抜歯が必要です。また、周囲の歯茎や歯を支える骨にまで炎症を及ぼし、他の歯の虫歯リスクを高めるのです。歯の神経もすでに死んでおり、「激しい痛みが自然と治まった」という方もいらっしゃいます。また、根から膿が出ている場合は、強い口臭を引き起こします。

 

虫歯の治療方法について

虫歯の治療法は主に以下の3つです。

 

詰め物や被せ物

詰め物や被せ物には、歯科用プラスチックのコンポジットレジンを使用し、虫歯を削った後の歯を修復します。症例によっては銀歯が適しているケースもありますが、コンポジットレジンが多く用いられています。

根管治療

根管治療は、神経が集まっている根管に虫歯が達しているときに行う治療です。神経や虫歯菌に汚染された物質を取り除いて消毒し、根管内部に薬剤を詰めて、虫歯菌の再感染を防ぎます。根管治療の後は、被せ物などの治療を進めます。

 

義歯やブリッジ

抜歯の後は、義歯・ブリッジ・インプラントのいずれかの治療が必要です。
生活習慣、嚙み合わせ、年齢、お口の状態などにより適している治療が違いますので、医師にお尋ねいただくとよいでしょう。

 

高倍率ルーペやマイクロスコープを用いた虫歯治療

従来の肉眼や低倍率の拡大鏡を用いた治療では限界があります。
当院では、高倍率ルーペやマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて治療を行っております。
原因となる歯の細かいひび割れや、虫歯の確実な除去にはこうした機材が必要不可欠です。

 

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による歯科治療の3つのメリット

①虫歯のみを削ることができる

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)により、虫歯と健康な歯の境界線が明確に見えるようになります。そのため、虫歯のみを正確に削ることができます、歯を削る量を最小限に抑え、歯へのダメージを減らした治療が可能です。

 

②正確な治療ができる

肉眼よりも患部の視野を拡大して治療できます。

歯と詰め物の間にできるわずかな隙間を防ぐこともでき、二次虫歯の予防も期待できます。

 

③従来は見つけられなかった虫歯治療も可能

肉眼では見えなかった小さな初期虫歯も、早い段階で発見できます。

高倍率ルーペやマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いると自費治療になるケースが多いですが、より精密な治療でご自身の歯を抜歯せずに維持できる期待が高まります。

※保険適用が可能な、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の使用範囲は限られています。詳しくは、医師にお尋ねください。

 

まとめ

虫歯の治療法は、詰め物や被せ物、根管治療、義歯やブリッジなど進行度合いによってさまざまです。

その際、当院では根管治療ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を、それ以外の治療では高倍率ルーペを用いて、歯を削る量を最小限に抑え、歯の寿命を長くすることを心がけています。

虫歯が進行してしまって、根管治療でも治らないと言われた歯でも、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を活用する事により歯を残せる可能性があります。また、「歯肉弁根尖側移動術(APF)」と言われる術式を用いることで、C4相当の深刻な状態の歯でも保存することができることもあります。

当院ではそれぞれの虫歯の種類に応じて、適した選択肢を提案しますので、お口のトラブルでお困りの場合はぜひお早めにご相談ください。

 

当院のホームページの「歯を失った方」のページにも関連情報を掲載しておりますので、あわせてご覧ください。

 

予約・お問い合わせ

0453910085

〒246-0022神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境14-6

9:30~12:30/14:30~19:00 ※土曜14:30~18:00
休診日:木・日・祝

ページトップへ