HISTORY

院長紹介

鎌田歯科医院 2代目
鎌田 英行

MESSAGE

子どもの頃から手を動かして物を作ることが好きだったこともあって、歯科医師はずっとなりたい職業でした。
ただ、ずっと体操を続けてきて怪我も多かった経験から、スポーツドクターとして人を治す道も良いのでは?と思ったこともあります。それでも、最終的に歯科医療の道に進んだ理由は、治療したことの結果が良いことも悪いことも含めてダイレクトに返ってくる分野だったからです。それは強いプレッシャーにもなりますが、努力すれば患者さんの信頼という結果に繋がることは歯科医師としてのやりがいでもあります。
今後もその信頼を失わないよう、常に丁寧な治療を行う歯科医院であり続けること。そして、私自身が先輩や恩師に教わったことを次の世代にも伝え続け、三ツ境にお住まいの皆さんがお口のことで困る方をなくしたい。そのような想いで一生診療を続けていきます。
歯科医院というのは多くの方にとって、行きたくない場所だと思います。来ていただくためには患者さんにも少しの勇気が必要かもしれません。けれど、それを飛び越えて頑張ってお越しいただいた方には「ここに来て良かった」と思っていただけるよう、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を高めていく治療を提案いたします。

BIOGRAPHY

  • 神奈川歯科大学卒業
  • 保土ヶ谷区歯科医院 2年間勤務
  • 鎌田歯科医院継承
  • 日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医

ASSOCIATION

  • 日本歯科医師会
  • 横浜市歯科医師会
  • 瀬谷区歯科医師会
  • JIADS CLUB スタディーグループ
  • あづまの幼稚園 園医
  • ゆたか幼稚園 園医
  • ココファンナーサリー 園医
  • 日本顎咬合学会
  • 日本スポーツ歯科医学会
  • 日本臨床歯周病学会

三つ境で70年近く診療を続けてきた歴史

鎌田歯科のはじまりは、現院長の祖父が瀬谷村(現:瀬谷区)で開業したのがはじまりです。その場所で数年間診療をしたあとに現在の地へ移ってきて以来、70年近い歴史を誇ります。
当時は歯科治療に使用するタービンは足踏み、鋳造物も鎖釜に重りをつけ、遠心力で金属を流して製作するという方法でした。今では考えられない診療風景ですが、この時の「地域密着」というコンセプトは現在も脈々と受け継がれています。
技術的にも丁寧に取り組む姿勢が評判を呼び、遠方から来られる患者さんも多数いらっしゃったと伺っています。三ツ境には、歯科医院があまりなかったことから、朝の4時には医院の前には患者さんが並び始め、その話し声で近所の方たちは目を覚ましたという逸話もあります。院長が一人で診療を行っていたこともあり、これ以上患者さんが溢れてしまわないよう、わざと院の看板を小さくしていた時代です。

総合的な観点から歯科治療を行える体制へ

現院長の父、叔父はともに歯科技工士でした。
そのため、現院長も小さい頃から、学校帰りにはワックスを溶かしたり、石膏をいじったりと技工所へ遊びに出掛けていました。小学校4年生の頃の自由研究は「義歯製作」。見様見真似で配列したものですが、現在の院が義歯の診療に力を入れているのは、この頃の経験が基となっているのかもしれません。
その頃の鎌田歯科医院の体制は、祖父と叔母、もう一人の歯科衛生士の合計三人でした。そして、祖父が80代になる頃には代診のドクターを呼んでいましたが、2011年頃に東日本大震災が原因で代診の先生が来られなくなります。そこに大学を卒業し、他院で勤務をしていた現院長が戻り、後を引き継いだというわけです。
就任当初より取り組んだことは、総合的な観点から患者さんの悩みを解決することでした。虫歯や歯周病治療に加えて、インプラント、義歯、審美など幅広く技術研鑽を続け、難症例にも対応してきました。おかげさまで、院長を小さい頃から知っている近所の方々からも喜びの声をいただいております。

三ツ境といえば鎌田歯科と言われるように

現在は、さらに「地域密着」の考えを実践するための様々な取り組みを始めています。
より密接に患者さんの悩みに寄り添えるよう、月に一度は必ずスタッフ同士の勉強会を実施。診療方針としては、噛み合わせを重視した治療を行っています。
院長がずっと体操競技を続けていたこともあって、身体をいかにうまく操るかということは常に最大の関心事でした。
噛み合わせと身体のバランスに密接な関係があることは、体操競技を通じて知っていることもあり、力を入れて患者さんに情報をお伝えしています。
また、地域サポートとして幼稚園での歯科検診では、ご両親や担任の先生向けの講習会を行っています。歯科に対する意識は上がってきていますが、まだまだ間違った知識が伝わっているのも事実です。
そこで、セルフケアの方法、間食の指導、仕上げ磨きなど多くの重要なことをお伝えすることで、お子さんのときから虫歯0の健康なお口を維持できる取り組みに全力を尽くしています。最近のお子さんは以前より虫歯の数は少なくなってきました。
しかし、まだまだ少なく出来るはずです。お子さんからシニアの方までそれぞれの世代に合わせたオールマイティな治療で、患者さんの悩みに寄り添い続けます。そして、地域に根差した歯科医療を続けることで、三ツ境といえば鎌田歯科と言われるようになること。それが鎌田歯科医院の次なる目標です。

ページトップへ