CHILD

こどもの口の中

乳歯の特徴

生後6〜8ヶ月頃から、下顎の前歯から乳歯は萌出し、3歳頃には生えそろいます。 乳歯は永久歯と比べ、エナメル質の厚みが薄く、柔らかい性質をしています。 また、石灰化度も低いため、永久歯と比べ虫歯のリスクが高く、進行も早いのが特徴です。

成長時のお口の変化

成長する中で、歯だけでなく口の中も変化していきます。
生え変わり時期に、歯磨きを怠ってしまうと、乳歯が虫歯になり永久歯の発育をさまたげる事があります。
1つの箇所から影響が拡がり、歯並びなど全体へ、口の中で悪循環が生まれます。
歯科医院で定期に確認し、お口の中の成長を見守りましょう。

歯並びに関しては専門の矯正歯科をご紹介いたします。

おやつの食べ方とむし歯

むし歯の原因で有名なものが甘いものです。
甘いものばかり食べていると、虫歯につながりやすくなりますが、間食の回数や食べ方も大きく関係します。
しっかりしたブラッシングと正しい食べ方で、虫歯のリスクは減らせます。
その為には、ご家族など周囲の方々の協力が不可欠です。

歯医者での治療

来院のタイミング

虫歯になる前に、1度来院ください。
穴が開いてからの来院になると、痛みや初めての環境での不安からの恐怖心が大きくなりやすく、治療が難しくなります。虫歯になる前に、歯医者さんの練習として来院いただくことも可能です。
来院のタイミングに年齢の制限はなく、乳歯が生えてくる生後6か月以降が望ましいと思います。

治療について

もし虫歯になってしまった場合、無理に治療はしません。
抵抗する中で無理やり治療をしてしまうと、歯科に対する恐怖感が大きくなります。治療を受けたくない、歯磨きが嫌いになったり、悪循環に陥ってしまいます。
歯医者での治療は、お子さんが嫌にならないように素早く確実に治療を行います。大きい虫歯の場合、麻酔を行いますが、痛いどころか麻酔を気づかない事も多いです。歯医者は嫌な思いをするところではなく、楽しいところと思ってもらえるように心がけています。

子どもの虫歯予防

フッ素により歯を強く

歯磨き粉や洗口剤にも含まれており、よく知られているフッ素。歯質を強化する効果があり、まだ柔らかい乳歯も石灰化をうながし、虫歯になりにくい歯にします。 当院では、歯科用回転ブラシでフッ素塗布を行っています。汚れのない状態で歯質の吸収を促し、初期虫歯の再石灰化も促進します。

歯磨きチェックで虫歯リスクを減らす

歯磨きは大人の人でも難しい面があり、お子さんにとってはもっと難しいです。
当院では残ったプラークを染め出し、歯磨きチェックを行っています。どこが苦手なのか一緒に確認し歯磨き上手を目指します。
また、苦手な部位をデータに残し、成長をみることもできます。データはお渡しすることも出来るので、仕上げ磨きにもご活用ください。

ページトップへ