ADULT

当院の治療コンセプト

  • 痛くない

    究極に痛みに配慮した麻酔
    ごくわずかな痛みを伴う場合、麻酔を必要としたい人と麻酔が嫌いな人へ配慮し、積極的に行う場合とそうでない場合とで使い分けています。

  • 再発させない

    クラウンなどは適合に力を入れており、適合がよくないと虫歯のリスクが高まってしまいます。
    当院は技工士と密に連携し、精度の高いものをご提供します。

  • 削らない

    ルーペ、マイクロスコープを用い、虫歯の大小にかかわらず、患部のみを徹底的に除去。虫歯をしっかり取り除き、健康な部分を極力削らず治療していきます。

マイクロスコープで見る口の中

肉眼
マイクロスコープ

当院は虫歯や歯周病治療にもマイクロスコープを活用します。近年まで、歯科治療の大部分をドクターの肉眼に頼っており、そのため不必要に健康な歯を削ってしまったり、逆に虫歯を取り残してしまうなど、技術により偏る問題がありました。その影響で、虫歯の再発や、健康であった歯の神経にまで痛みが出てしまうこともありました。
マイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡の活用により、視野拡大し、虫歯の悪い部分だけを削り、健康な歯を守る治療が可能に。拡大し治療することで治療精度を上げることに繋がりました。

マイクロスコープを使った治療

虫歯治療

虫歯の中には痛みの出ないものもあります。
初期の虫歯や、神経をとっていたりしていると痛みを感じることは少ないです。放置すると進行していき、痛みで気付いたころには歯が死んでしまってる事もあります。
ダメージの大きすぎる歯ほど治療には時間がかかってしまいます。

早期発見ができれば、虫歯も小さく、取り除く量も減ります。
肉眼では小さい虫歯だけを削ることは難しいですが、マイクロスコープで拡大することによりカバーすることが可能です。さらに綺麗な形に削れるので、かぶせものの出来も精密になります。

根管治療

歯の中には神経がある歯髄腔という部屋があります。
歯髄腔は細く歯の中に広がっており、根管の治療は虫歯治療以上に繊細さを求められます。
さらに難しい奥歯の治療の際には、ラバーダムを使用し施術範囲の確保や唾液、細菌の混入を防ぐため、治療の精度が上がります。

歯周病治療

歯茎から血が出る・腫れてしまった。歯周病を歯茎の病気と認識している方が多いのですが、正確には骨に及ぶ病気です。歯周病の原因菌は歯を支えている骨を溶しているのです。
歯周病菌は酸素を嫌い、歯と歯茎の境目、歯周ポケットにいることが多く、歯茎が腫れてる場合は、隠れてしまい肉眼で見ることは難しいです。奥深くに隠れている場合はマイクロスコープやルーペで拡大し施術が必要なことがございます。

歯の部位ごとに適したスケーラー・キュレットを使い分け、使用しております。使用後は、消毒・滅菌はもちろん、シャープニングを行い器具のメインテナンスを行っています。
拡大視野での施術と、最適な状態の器具を使用し、痛みなく歯肉を傷つけない施術が可能です。

ページトップへ